2019年11月19日~2019年12月1日 / Moscow, Moscow / 映画

拡大
終了しました
会場 New Arbat Ave, 24 (Noviy Arbat st., 24)
住所 New Arbat Ave, 24, Moscow, Moscow, 119019
日程 2019年11月19日~2019年12月1日
時間
[時間詳細]

[アクセス]

[会場詳細]

【KARO 11 Oktyabr】 New Arbat Ave, 24, Moscow, 119019
【KARO 7 Atrium】Zemlyanoy Val St, 33, Moscow, 105064 Shopping Mall "Atrium"4F

第53回日本映画祭

第53回日本映画祭のおしらせ

今年も日本映画祭が開催されます。日本映画がお好きな方は是非お越しください。
皆様のお越しをお待ちしております。

【主催】国際交流基金、在ロシア日本国大使館 、クールコネクションズ
【日程】 2019 年 11 月 19 日~ 12 月 1 日
【場所】映画館「 カロ 11 オクチャブリ」( Noviy Arbat st., 24)
    映画館「カロ 7 アトリウム」( Zemlyanoy Val, 33, Shopping mall "Atrium", 4F)
【上映映画 】
「ダンスウィズミー」矢口史靖 監督、 2019 年)
「DESTINY 鎌倉ものがたり 」 (山崎貴監督、 2017 年)
「今日も嫌がらせ弁当」(塚本連平 監督、 2019 年)
「初恋」(三池崇史監督、 2019 年)
「こんな夜更けにバナナかよ-愛しき実話」(前田哲監督、 2018 年)
「ザ・ファブル」(江口カン監督、 2019 年)
「小さな恋のうた」(橋本光二朗監督、 2019 年)
「ウィーアーリトルゾンビーズ」(長久 允 監督、 2019 年)
「ルームロンダリング」片桐健滋 監督、 2018 年)
「引っ越し大名!」(犬童一心監督、 2019 年)
「海を駆ける」(深田晃司 監督、 2018 年)
「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督、 2019 年)
「海獣の子供」(渡辺歩監督、 2019 年)
「フジコ・ヘミングの時間」小松莊一良 監督、 2018 年)
「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督、 2019 年)
「パパはわるものチャンピオン」(藤村享平 監督、 2018 年)
「人間失格太宰治と 3 人の女たち」 (蜷川実花監督、 2019 年)

【入場料】
250 ルーブル 450 ルーブル
映画館のチケット売り場あるいは下記サイトからお求めください。
http://www.coolconnections.ru/ru/events/53-japanese-fest/moscow


【上映 スケジュール】
11月 19 日(火) 20:00 オープニング 「ダンスウィズミー 」
上映後Q&A 桝井省志プロデューサー、土本貴生プロデューサー
11月 20 日(水) 19:30 「 DESTINY 鎌倉ものがたり」
11月 21 日(木) 19:30 「今日も嫌がらせ弁当」
11月 22 日(金) 20:00 「 初恋」
11月 23 日(土) 16:00 「こんな夜更けにバナナかよ-愛しき実話」
         18:30 「ザ・ファブル」
11月 24 日(日) 17:00 「小さな恋のうた」
         19:30 「ウィーアーリトルゾンビーズ」
11月 25 日(月) 19:30 「ルームロンダリング」
11月 26 日(火) 20:30 「 引っ越し大名!」
11月 27 日(水) 19:30 「海を駆ける」
11月 28 日(木) 19:30 「十二人の死にたい子どもたち」
11月 29 日(金) 19:30 「海獣の子供」
11月 30 日(土) 15:00 「 人間失格 太宰治と 3 人の女たち
         17:00 「フジコ・ヘミングの時間」
12月 1 日(日) 16:00 「マスカレード・ホテル」
         18:30 「パパはわるものチャンピオン」

※日本語音声、ロシア語字幕付き
※11 月 23 日 のみ 会場は「 カロ 7 アトリウム」です。
その他の日は、「カロ 11 オクチャブリ 」 での上映となります。



------------------------------------------------
【ゲストプロフィール】
桝井省志(ますい しょうじ)
映画プロデユーサー(株)アルタミラピクチャーズ代表取締役
1956 年、愛媛県生まれ。
上智大学卒業後、映画会社の大映に入社。その後独立し映画制作プロダクション、アルタミラピクチャーズを設立。磯村一路監督、周防正行監督、矢口史靖監督等の作品に中心に映画を製作する。プロデュース代表作に『シコふんじゃった。』『 Shall we ダンス?』『がんばっていきまっしょい』『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『それでもボクはやってない』『ハッピーフライト』『ロボジー』『終の信託』『舞妓はレディ』『サバイバルファミリー』『ダンスウィズミー』など数多くの作品を手掛ける。最新作『カツベン!』が 12 月に公開される。現在、東京藝術大学大学院映像研究科教授として後進の育成にも当たる。

土本貴生(つちもとたかお)
映画プロデューサー
1964年、京都市生まれ。演劇制作を経て、 1994 年『深い河』(監督・熊井啓)に製作進行で参加。以降、制作ス タッフとして映画、テレビ、ビデオ作品に参加。 2003 年よりアルタミラピクチャーズにプロデューサーとして参加。主なプロデュース作品は、『ロボジー』『終の信託』『舞妓はレディ』『ハッピーウエディング』『おかあさんの木』『サバイバルファミリー』『ダンスウィズミー』『カツベン!』などがある。

------------------------------------
【お問い合わせ】
国際交流基金モスクワ日本文化センター
Tel: 8(495)626 55 83/85 Fax : 8(495)626 55 68
https://jpfmw.ru/jp/festivalkino/
http://www.coolconnections.ru/ru/events/53-japanese-fest/moscow

[お問い合わせ先]
info@jpfmw.org
  • [言語]日本語
  • 登録日 : 2019/11/17
  • 掲載日 : 2019/11/18
  • 変更日 : 2019/11/18
  • 総閲覧数 : 190 人